防災用ラジオの機能を紹介!panasonic| RF-TJ20-W

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

災害時に情報がないと怖いですよね

地震や台風で電気が供給されなくなった時、怖いですよね?実際、日本各地と地震や大型の台風で何時間、数日と電源が供給されなく、テレビからの情報がはいらない。

また、パソコンも使えなく、スマホの電池も数日もたない。どこから情報をあつめりゃいいのか、光がないだけでも暗闇では不安である。

そんな時に役立つのが携帯ラジオだ。便利であるが普段は使わないので電池が自然消耗しないか不安だ。

そこで今回はpanasonicから販売されている手回し充電ラジオRF-TJ20を購入してみた。人気商品で品薄である。

 

なんといっても乾電池がなくても使用できる点が便利である。付属のハンドルを回せば、内臓バッテリに充電でき、しばらくラジオを聞く事ができる。

音声はAMとFMのみだけだが!

受信できるものはAM・FMラジオのみテレビの音声は受信できない。しかしマンションや鉄筋の一軒家など部屋にいるとAMラジオが受信できない。電波がこない。なんて事がしょっちゅうああるがこのRF-TJ20はワイドFMに対応している。つまりAMラジオがFM放送で聞けるラジオなのだ。

手回しハンドルを回転させしばらく充電させるとラジオを聞く事ができるが、緊急時と言えども面倒くさい。その場合

そう充電電池、乾電池、も使用する事ができる。電池の在庫があるかたはこの方法をオススメします。

(単4形乾電池×3本使用)24時間、聞けます!ちなみに手回しハンドルで1分回し充電させると14分聞く事が可能!

 

側面にいはUSB出力、LEDライト装備RF-TJ20-W

もちろんUSB出力も、LEDライトも手回しで充電し使用する事ができる、このUSBよりスマホに充電する事は可能!フル充電させるのは難しいが少々の通話なら、簡単に受電できる。

 

ちなみに切り替えスイッチでライトやサイレンを鳴らす、ラジオを鳴らすなどできる。ラジオを鳴らしながらライトもつける同時使用も可能である。

しかし停電になり真っ暗闇の中でラジオの選曲は暗くてどうチューニングさせるのか?

何か工夫はあるのか調べると

 

おっと、バックライトがついて暗闇でも選曲できるようになっていた。これだったら簡単に選曲が可能、選曲も◀▶キーがついておりボタンを長押しするとオートで選曲できる。

かなり使えるヤツです。イヤホンジャックがついており、他に迷惑をかけず聞く事もできます。

大きさも手のひらサイズだったのでよいかと思うが個人的には乾電池の寿命が24時間と少しい短いのでは??

災害時つけっぱなしにすると思いますので1日1回電池を交換をすると7週間で21本の電池を使います。

まあこれだけ機能がしっかりしていると、仕方がないのかもしれません

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

最後までお読み頂きありがとうございました

コメントを残す

*