高級なパソコン キーボードを買ってどれだけ打ちやすいか検証してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たかがキーボードの打ちやすさで疲れる!疲れないが

最近、仕事で朝から晩までキーボードを叩きつづけております。

指がいたくなり、誤タイプもしばしばあり、キーボードのせいかな?と疑っていました。

 

パソコンに付属していたキーボードを長年使用していたが、ここは感覚にあったキーボードを

購入しようと、実際キーボードをさわりにお店にいきました。

 

びっくりです。

キーボードにも様々な仕様があるとは

おもに

:メンブレン
:パンダグラフ
:メカニカル
:静電容量無接点方式

に種類がわかれます。わかりやす説明すると

ノートパソコンには平べったいキー(パンタグラフ)が使用されており、

デスクトップにはメンブレンなど、わりとキーを押す感覚が深いキーボードが使用されております。

そこで今回購入したのは

RAZER BLACKWINDOW X CHROMA日本語バージョンです。ゲーマー用キーボードらしいですがビジネス用で購入。

 

箱に切れ目があり、キーの試し打ちができます。なかなかにくい演出!

USB仕様です。ケーブルもよじれないよう仕様で太く、布がまいてあります。

 

そして付属は説明書とRAZERのロゴステッカー!!

ちなみにキーボード全面にもロゴが入っております。

■キーボードの特徴は!

なんといってもイルミネーション キー1つ1つにLEDが埋め込まれています。

ちなみに色が変更できます。しかも細かく色が変更できる

例えば

ENTERキーだけ赤くするとか!かっこいい

そして今回もっとも重要なキーのおしごごちは!

なんとも言えない いわば最高に良い押しここちです。クリック感があり、指に負担があまりない

キーも簡単にとれ掃除が楽!図のようにLEDがキー内部で発光している。

そしてこのキーボードの購入金額はAMAZONで17,307円で購入しました。

キーボードに万円とおどろかれている方!触ればほしくなる事まちがいなし!

ちなみにヨドバシのレビュー評価は5段階で全員★5でした!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

最後までお読み頂きありがとうございました

コメントを残す

*