SONY|WF-1000XM3ワイヤレスイヤホン何がすごい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おいおい今度は音とぎれ問題は起きないのか?

SONYからワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM3が2019年7月13日発売された。

前回の記事で前作のWF1000Xのレビューを記載したが売りわなんといってもワイヤレスとノイズキャンセリング!

 

今回のWF-1000XM3はとぎれないのか!!ノイズキャンセリングの強化はどのくらい!そこがわからないと買えない!と言う人も多いだろう

そこで実際に購入し調べてみた。

SONYの製品は予約購入すると2、3日前に到着する事がおおい。今回も発売前にポッチてみたが到着は7月12日に到着しました。

 

早速、箱をあけると美しいデザインの製品だと一目で伺える。

スペックは

ドライバーユニットが6mm

重さは 約8.5g

駆動時間は最大8時間

プロファイルはA2DP, AVRCP, HFP, HSP

ちなみにSCMS-T対応しているので映画やその他の著作権保護の音声も聞く事ができます。

前作WF1000Xは駆動時間3時間だったので かなり駆動時間が伸びました!

カタログではハイレゾ級と記載されていますが、あくまでです。LDACは非対応です。

LDACは消費電力が大きいのでこの手のスリム機器には厳しいと思います。

 

付属品として

イヤピース大小多数とUSBケーブル

しかも今回のイヤピースは写真でわかるだろうか?真っ黒と半透明がある。半透明の方はかなり柔らかい素材でできている。耳によくなじむ

デフォルトでイヤホンについているイヤミピースは半透明タイプだ。かなりやわらかい。実際耳に2時間以上装着したが個人的には痛みがなかった。

ケースがモバイル充電器となっているがイヤホンの裏に金属接点があり本体に接触することで通電がはじまる。

そして今回、ケースにイヤホンを収める場合なんと マグネット方式を採用している。

端子の上にマグネットが見えるがここにイヤホンがピッタリくっつきホールードされる。

写真は全機種のWF1000Xだがマグネットではなく一番端にツメがあり、そこにパッチとハメるのだが、失敗することがある。ある。ある。である

本体にイヤホンを収めるとイヤホンが光る。これについては全機種と変わりはないが。。。。。

上 WF-1000XM3 今回が発売されたもの

下がWF-1000X

あきらかにサイズが大きくなっているのは間違いはい。駆動時間がグーンとのびたのもこのせいか???

ケースへの充電はUSB-Cである。ケースの満充電時間は2時間程か??はじめから少し充電されていたので..よくわかりませんでした。

ケースはどう置くのが正解?

ケースの底が丸く加工されている。と言う事は自立できない。どう置くのが正解なのか?

前機種(写真上)は蓋が上にし立てておくことができました。今回は寝かすのかな?場所をとって邪魔のような

 

NFC対応のスマホにケースをタッチするだけで、簡単に接続する事ができます。ちなみに蓋をあけるとNのマークが ここにタッチします。

 

と 言うことで 次回は実際 外に持ち出し、音と とぎれテストを行います。駅や、人が集まりやすいところで数時間実験したいと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

最後までお読み頂きありがとうございました

コメントを残す

*