なくすを、なくす。MAMORIOを購入してみた。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鍵などをよく失くしその度、後悔してきたあの日々

このアイテムがあればもう失くさないって事かな

これは便利

うん小さくて鍵にぴったりだ

今回購入した商品は MAMORIO株式会社さんのMaMORIOと言う商品です。

で何ができるの?

このMAMORIOだけでは何もないできません。スマートフォンと組み合わせると「ある事ができます」それは失くしたものを見つけら可能性が上がります。昔懐かしい発信機です。

では中身を紹介しましょう。

箱を開けるとSDカードみたいなものが入っていました、先には丸く穴が空いています、これをよくなくすであろう物に付けとく訳です。今回のテストでは鍵に取り付けました。

結構大きな穴がいているので取り付けるには便利である

スマホにアプりをダウンロードする必要がる

QRより取り込み!!

まずはスマホ画面の上にMAMRIO置きペアリングをさせる。ほんの数秒でペアリングできる

 

MAMRIOはスマホのブルーツゥース機能を使って接続するタイプ。たんとこの小さいタグの中に電池が搭載されているのだ。

ちなみにバッテリー寿命は1年間。

 

数秒でペアリングが終了し使えるようになる。

鍵などに装着しその実力を測る

スマホとMAMRIOが近くにある場合はスマホの画面上の見守っていますと表示が現れる。

 

設定でPUSH通知を必ずONにしておく必要があります

通知設定を未設定の場合、失くしても中々気づく事ができません。

ちなみに通知の時間もカスタマイズできます。

この時間が短ければ短いほど通知が出まくります。例えば、机のカギに付けた場合、少しトイレに行ったり、飲み物を取りに行ったりする場合でも通知時間に余裕がないと

頻繁に画面に通知が出ます。

 

実際失くした場合はどうするのか?

スマホとMAMRIOが最後に離れた場所、厳密に言うとブルーツゥース通信が切断された場所の地図をスマホで確認する事ができます

ある程度の場所がわかると実際、その現場に向かいます。

 

そしてスマホの画面に「自分で探す」をクリックすると

MAMRIOとの電波状況が画面に表示されるので、電波が強くなった方にMAMRIOがあるという判断になります。

あくまでもブルーツゥース通信範囲で見つける場合です

 

で!実際そんなに「うまく」行くの??

正直言うと微妙です。

初期不良品なのか 手元にMAMRIOがあるのでブルーツゥース通信がよく切れ「確認できません」と頻繁に出てきます。

ワザとMAMRIOをある場所に隠し、通信外エリアに行き(その間5分間)失くした程で スマホを見ると、1時間前にあった場所の地図が表示されていました。

オイオイ 使い物にならないではないか、やはり初期不良なのか?不出来なのか?そこで

もう1つ MAMORIOを取り寄せ検証してみたいと思う。

次回にご期待

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

最後までお読み頂きありがとうございました

コメントを残す

*